キミエホワイトプラス ジェネリック

キミエホワイトプラスにジェネリックは存在する?

ジェネリック医薬品という言葉、今はかなり浸透してきましたよね。なんだかよく分からないけど、ジェネリックなら同じ効能で薬が安く買える…そんなイメージではないでしょうか。

 

キミエホワイトプラスの購入を考えているけど、お薬なんだったらジェネリックがあるのかな?はたまた、キミエホワイトプラスに似た効能のある、類似品はあるのかな…?もしあるのなら、キミエホワイトプラスと類似品では、違いがあるの?

 

そんな疑問にお答えするべく、キミエホワイトプラスのジェネリックや類似品があるのか、調べてみました。

 

【キミエホワイトプラスにジェネリックはある?】

 

まず、キミエホワイトプラスにジェネリックはありません!

 

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許の適用期間が切れたあとに他のメーカーから製造・販売される、同じ成分で同じ効能の価格の安いお薬です。なぜ価格を抑えられるかというと、特許の期限切れで製造方法が公開されるため、同じ薬を作るのに開発費が少なくて済むからなんですね。

 

ジェネリックは、「新薬」と同じ効能で、安全であると国の承認がなければ、製造も販売もできません。新薬と同じ成分を使用するので効能も同じ。なのでけっして危険性の高い薬というわけではないのですが、まずは新薬が特許切れにならないと製造ができないんですね。

 

ジェネリックはこの「特許切れのお薬」が前提にあるので、キミエホワイトプラスのように最新のお薬にはジェネリックは存在しません。

 

【キミエホワイトプラスの類似品は?】

 

では、キミエホワイトプラスに類似品はあるのでしょうか?しみやそばかすに効く、飲んで治すお薬…。そのようなタイプのお薬は何点か存在します。

 

たとえばエスエス製薬の「ハイチオールCプラス」がそうです。ハイチオールCはテレビでCMも流れているので、名前を聞いたことがあるかと思います。エスエス製薬という会社名も、認知度の高い大手で、安心感があるかもしれませんね。

 

他にアインファーマシーズから出ている「ロスミンローヤル」、水橋保寿堂の「シミトール」、ヴィジョンステイトの「マスターホワイト」などが挙げられます。

 

それぞれ、価格や成分、特徴が違っていて、「どれが一番いい」とは一概には言えません。例えば「ハイチオールCプラス」の定価は10日分で税込1620円。31日分に計算すると、5022円。ハイチオールCには「アスコルビン酸(ビタミンC)」が含まれているのが特徴でしょう。

 

キミエホワイトプラスをハイチオールCプラスと比較すると、しみに効く有効成分「L-システイン」の配合量は、240mgなので同量となります。キミエホワイトプラスは今なら初回購入価格が31日分で1900円です。通常価格でも税込4536円ですね。

 

このように、類似品は確かにありますが、少しずつ特徴が違うので、価格や成分を比べながら継続して飲むことのできるお薬を選ぶのも大切でしょう。

 

>>キミエホワイトの詳細はこちら

関連ページ

キミエホワイトプラスVSロスミンローヤル【効果を比較】
似た効果が期待されているキミエホワイトプラスとロスミンローヤル。比較した情報はある?実際はどうなの?キミエホワイトプラスとロスミンローヤルの色々を比較してみました!
類似商品のシミトール&トランシーノどれがお薦め?【商品比較】
シミソバカスに効くキミエホワイトプラス。類似品にトランシーノやシミトールといった製品があるけれど比較するとどれが一番いいの?キミエホワイトプラス・トランシーノ・シミトール……類似品を比較してみました!
キミエホワイトプラスとハイチオールC!効くのは?【効果を比較】
キミエホワイトプラスとハイチオールCはいずれもシミ・そばかす対策のお薬。2つを比較するとどちらのがより効果がある?キミエホワイトプラスとハイチオールCを成分等から比較しました。