キミエホワイトプラス ハイチオールC

キミエホワイトプラスとハイチオールC!効くのは?【効果を比較】

主にシミそばかすに効果があるといわれるキミエホワイトプラス。シミそばかすといえば、他にも思い浮かぶ商品名、ありませんか?!そうです、ハイチオールCです。

 

今回はキミエホワイトプラスとハイチオールCの成分や効果、特徴をしっかり比較してみました。

 

ハイチオールCもキミエホワイトプラスも、医療品とうたっていますが、一般用医薬品なのでカンタンに手に入れることができます。

 

知名度はCMが多いハイチオールCに軍配があがりそうですが、キミエホワイトプラスもぐんぐんと名を世に広めています。

 

よく名前は聞くけれど、それだけでは効果がわかりませんよね。2つの商品じっくり比較してみてみましょう。

 

ハイチオールCとキミエホワイトプラス、それぞれの特徴は?

 

「ハイチオールC」はシリーズになっており、シミそばかすを標的にした「ハイチオールC」の他にもにきびや疲労回復を目的としたシリーズもでています。

 

比較してキミエホワイトプラスは、シミそばかすに効くことを大々的に紹介していて、種類等は無くこれ1つです。

 

成分はハイチオールCが「L―システイン」、「ビタミンC」、「パンテントン酸」の3種類。大してキミエホワイトプラスはハイチオールCの3成分に加えて「ニコチン酸アミド」と「ビタミンB2」が含まれています。

 

成分はキミエホワイトプラスの方が、より多くの種類のシミそばかすに効くものが入っていますね。

 

価格の比較をすると、ハイチオールCは60錠およそ2,700円、 キミエホワイトプラスは1ヶ月分(93錠)3,800円。価格面ではハイチオールCの方が優秀です。

 

一番気になる比較!よりシミ・そばかす排出効果があるのはどっち?

 

商品の特徴、成分、価格を比較しましたが、何より知りたいのは実際本当にシミそばかすに効くの?ということですよね。

 

ハイチオールCとキミエホワイトプラスは成分も似ているけど、どちらの方がしっかり顔に効果が表れるの?

 

まず、共通の成分の含有量はハイチオールCが勝っています。成分の種類はキミエホワイトプラスが勝っています。

 

飲む方の体質等でまた変わってきますが、両者の実力は互角!といったところです。

 

ハイチオールCとキミエホワイトプラスはどちらも湿疹、かぶれ、二日酔い、だるさにもアプローチしてくれる効果があります。

 

比較をすればするほど、どちらも強みがある商品だということがわかります!

 

お試しするなら成分の多いキミエホワイトプラス

 

以上、ハイチオールCとキミエホワイトプラスを様々な視点から比較してみました。

 

こちらを絶対選ぶべき!という決定打はありませんが、軽く気になるな〜という程度のシミそばかすなら安価なハイチオールC、深刻に悩んでいるなら成分が豊富に含まれているキミエホワイトプラスでしょう。

 

キミエホワイトプラスは、初回はお求めやすい価格で販売されているのが魅力的ですよね。

 

効果や実際効き始める期間は人それぞれですが、シミそばかす以外にもにきび跡、湿疹に効いた!なんて思わぬ嬉しい効果も出てくる可能性もあります♪

 

>>キミエホワイトの詳細はこちら

関連ページ

キミエホワイトプラスVSロスミンローヤル【効果を比較】
似た効果が期待されているキミエホワイトプラスとロスミンローヤル。比較した情報はある?実際はどうなの?キミエホワイトプラスとロスミンローヤルの色々を比較してみました!
類似商品のシミトール&トランシーノどれがお薦め?【商品比較】
シミソバカスに効くキミエホワイトプラス。類似品にトランシーノやシミトールといった製品があるけれど比較するとどれが一番いいの?キミエホワイトプラス・トランシーノ・シミトール……類似品を比較してみました!
キミエホワイトプラスにジェネリックや類似品ってるの?
キミエホワイトプラスが気になるけど、ジェネリックはあるの?類似品は?そんな疑問にお答えします!キミエホワイトプラスのジェネリックの存在や類似品との比較情報満載!