シミ 目元

シミが目元にできた・・・それって肝斑?

知らない間にできているシミ・・・見つけたら鏡を見るのも嫌になるくらい憂鬱ですよね。

 

顔の中でも、目元は特にシミができやすいって知っていましたか?

 

目元は皮膚が薄く、少しの刺激にも敏感に反応してしまうデリケートな部分です。紫外線対策・保湿対策をしっかりしているつもりでも、意外と塗り忘れがあるのが目元なんです。

 

目元のシミはクマみたいで疲れた顔に見える・・・。目元は1番見られる所なのでシミが気になる・・・。そんな悩みを抱えた女性は少なくないはずですが、目元のシミは自宅ケアで少しずつ薄くする事ができるんですよ!

 

正しいスキンケアで美肌を取り戻しましょう!

 

 

【目元のシミができる原因は?正しいスキンケア方法をご紹介!】

 

目元のシミも通常のシミと同様に、紫外線や乾燥が原因の場合が多いです。

 

しかし目元の皮膚はデリケートな分、丁寧にケアをしてあげないといけません!

 

では、目元のシミができてしまう詳しい原因と、正しいケア方法を見ていきましょう。

 

 

<目元のシミ・・・原因は紫外線や乾燥だけじゃない?>

 

紫外線を浴びると、シミの原因と言われているメラニン色素が皮膚内部で生成されます。

 

目元や頬は顔の中でも意外と紫外線を浴びやすい部分なので、最もシミができやすい場所と言われています。

 

また、女性はメイクをする際に目元にアイシャドー・頬にチークなど、重ねて塗る事が多いですよね。メイクがしっかり落ちていないと角質に溜まり、色素沈着が起きるのでシミになる原因の1つと言われています。

 

 

<洗顔は刺激を与えずに優しく!>

 

既にできてしまったシミを治すには、漂白成分配合の美白化粧品を使う必要があります。

 

しかし美白化粧品を使用するのと同時に、洗顔方法なども見直すとより効果的です。

 

例えば、朝・晩行う洗顔は優しくしていますか?忙しい朝や疲れている夜はついつい面倒になりがち・・・洗顔もパパッと済ませてしまう事はありませんか?

 

洗顔は泡ですると言われているように、洗顔料をしっかり泡立てで優しく撫でるように泡で洗います。

 

しっかり流した後のタオルドライも、ゴシゴシこすらず軽く押さえるように拭くと摩擦や刺激を与えずに済みます。

 

 

<保湿は充分過ぎるほどする!>

 

肌が乾燥すると紫外線や細菌から皮膚を守るバリア機能が低下し、シミができやすくなります。

 

洗顔後の保湿はもちろんですが、日差しがきつかった日は帰宅後にも保湿をする事をオススメします。

 

また、毎日は無理でも週に何度かは保湿パックをするのもオススメです。

 

保湿に使う化粧水や乳液は、「ビタミンC誘導体」が配合されているものを選ぶと効果的です。

 

ビタミンC誘導体はシミの原因となるメラニンの生成を抑制する働きがあるので、しっかりと肌に浸透させて皮膚の内側からもシミ対策をしましょう!

 

 

【なかなか治らない・・・もしかすると肝斑かも?】

 

目元にできやすいシミですが、色々とスキンケアを試しても薄くならない・効果が感じられないと思ったら、もう1度鏡を見て確認して下さい。

 

目元のシミが左右対称にできていませんか?

 

左右対称にできている場合は、シミではなく肝斑と呼ばれるシミの一種かもしれません。

 

同じシミではありますが、肝斑が発生するメカニズムはまだはっきりと分かっていないんです!

 

しかし、妊娠・出産・経口避妊薬の利用などによりできる為、女性ホルモンが大きく関係していると言われています。また、30代〜40代の女性に多く発生するのも特徴です。

 

 

<肝斑なら刺激は厳禁!>

 

目元のシミがもし肝斑なら、刺激を与えるのは厳禁です!

 

最初はコンシーラーで隠せていた薄さでも、紫外線や洗顔・マッサージなどの刺激によりどんどん色が濃くなる場合があります。

 

肝斑ができた時は洗顔などで刺激を与えないように、いつも以上に丁寧に優しく行う事が大切です。

 

 

<ホルモンバランスの乱れが影響している可能性も!>

 

女性ホルモンの働きが低下する閉経後になると、濃かった肝斑が薄くなっていくと言われています。

 

肝斑の濃淡はホルモンバランスの乱れも影響しているので、ストレス・寝不足・栄養の偏りなども肝斑の原因と考えられます。

 

疲れを感じたらしっかり休む・野菜やお肉などバランスの良い食事をするなど、自己治癒力を高める事も大切です。

 

 

【目元のシミ・肝斑でも自宅ケアで治せる!】

 

デリケートな目元にできたシミ・肝斑でも、正しいスキンケア方法を知っていれば充分に治せます!

 

病院でレーザー治療などをすれば簡単に除去する事ができますが、時間もお金もかかるのでなかなか続きませんよね。

 

美白化粧品を活用して、優しい洗顔と丁寧なスキンケアで自信の持てる肌を取り戻しましょう!

 

>>シミ・肝斑に効く「キミエホワイト」の詳細はコチラ

関連ページ

ホワイトニングリフトケアジェル(シミウスジェル)の驚きの効果とは・・・!?
キミエホワイトは、薬局やドラッグストアで店頭販売しているのでしょうか?キミエホワイトの販売店を調査してお届けしてまいります。
シミ取り効果のある治療法は?【病院以外で自宅でケア出来る方法】
シミ取りに効果があるといわれる商品は多数売られていますが、正直どうなのでしょうか?がシミ取りに効果がある商品の条件を調べてみたいと思います。
シミに効く商品ってどんなものがある?【毎日のお手入れが大事】
シミに効くものはなんなんでしょうか?シミができる原因を知れば、シミに効くものはわかるんでしょうか?
シミ・くすみの正体を徹底分析!【自宅ケアの方法】
シミやくすみってどうしてできるのでしょうか?前々から気になっていたのですが、何が原因でシミやくすみができるのでしょうか?調べてみたいと思います。
シミはメイクで消せるの?【上手に隠す方法を伝授】
シミはメイクで隠せるんでしょうか?メイクで隠せたとしてもやはりシミが気になりましよね。上手なシミ対策メイクを調べてみたいと思います。
シミに効果のあるサプリをご紹介【話題のキミエホワイトプラス】
シミは外側からケアするものと思っていたのですが、内側からのケアも必要のようです。じゃあそんなサプリは何を飲用してらいいのか?シミに効果のあるサプリをあげてみたいと思います。
シミと色素沈着ってどこが番うの?【それぞれのお手入れ法】
ミと色素沈着って何が違うのでしょうか?シミと色素沈着と見分けがつかないのですが、どう違うのか調べてみたいと思います。
シミに効く食べ物とは?【日常にあるあの意外な素材も!?】
シミに効く食べ物ってあるんでしょうか?内側からのシミ対策に食べ物は重要なものですが、さてどんな食べ物がいいんでしょうか?
シミのできやすい年齢とは?【年代別の症状と対策】
シミのできやすい年齢っていくつぐらいなんでしょう?シミは年齢を重ねるとやはり出やすくなるのでしょうか?
シミ対策はプチプラ化粧品でもできる?【安くても充分な効果をご紹介☆】
シミの治療や予防はしたいけど、時間とお金がもったいない・・・という理由から継続できない人も多いはず。そこで今注目されているのが、プチプラ化粧品です!安くても充分シミ対策はできるんですよ。プチプラ化粧品を選ぶ時のポイントをご紹介します!
シミに馬油が効くのは何故?【実はスキンケアに最適な魔法の油!】
シミに馬油が効果的と聞いた事はありますか?美肌の為に内側から良質な肌に変えてくれる馬油は、シミだけではなくソバカス・ニキビにも効果的と絶賛されています!そんな魔法の油の効果とメカニズムを、詳しくご紹介していきます!
シミは男性にとっても悩み!その原因とケア方法を徹底調査!
シミは女性だけではなく、男性にとっても悩みの種ですよね・・・。実は油断できないシミですが、男性の場合は女性と少し違う原因があるようです。原因とケア方法を知れば、美肌のメンズになれるかも!?
シミは自宅ケアができる時代!【有効成分と身の回りの物でスキンケア!】
シミが自宅ケアで治療・予防できたら、ラクでコスパもいいですよね。有効成分を知っていればシミに特化したケアができます。手軽な自宅ケアで美肌になりましょう!
シミが口周りにできた!?【原因とケア方法を徹底調査☆】
シミが口周りにできてしまった・・・と悩む女性は意外と多いんです!実はシミができやすい口周り、その原因は3大ダメージによるものでした。日々のスキンケアで、しっかり予防しましょう!
シミは予防できる!【ちょっとした心掛けで悩みのない肌に!】
シミの予防をしたい!と思っても何をしていいのか分からない・・・なんて事ありませんか?自分で手軽にできるシミの予防を始めて、肌の悩みを減らしましょう!
シミによく効く飲み薬があるって本当?【毎日続けて内側からシミ対策!】
シミを身体の内側から治すなら、飲み薬が効果的!有効成分を摂る事でシミを撃退してくれます。飲み薬を毎日続けて、自慢できる美肌に生まれ変わります!