キミエホワイトプラス 製造元

「キミエホワイトプラス」の製造元、寧薬化学工業ってどんな会社?

【「キミエホワイトプラス」の製造元、寧薬化学工業の基本情報!】

 

「キミエホワイトプラス」はしみやそばかすを治すことを目的に開発された医薬品です。
ではその「キミエホワイトプラス」の製造元である寧薬化学工業とは、どんな会社なのでしょうか?

 

寧薬化学工業は、「くすりの里」奈良県に本拠地を置き、創業77年を迎える老舗の医薬品メーカーなんです!
社名の「寧薬」は、万葉仮名で「なら」を表す書き方の一つで、くすりの里・奈良の医薬品メーカーとしての誇りがうかがえますよね。

 

寧薬化学工業では、自社開発・共同開発・受託製造(OEM)と、幅広い事業展開を行っていて、医薬品だけでなく医薬部外品やサプリメントの製造元でもあるんです。また薬局製剤も行っています。もしかしたら、あなたが処方箋を持って薬局で作ってもらったお薬、寧薬化学が製造元かもしれませんね!

 

【寧薬化学工業が、確かな品質を保証するために守っている大切なこと】

 

寧薬化学工業では、薬の原料の輸入や製造を行う際に、GMP(Good Manufacturing Practice)に沿って行っています。GMPとは、医薬品の製造において必要な、製造管理および品質管理の基準に関する省令のことです。

 

ちょっと堅苦しくなってしまいましたが、つまり、「必ず同じ品質・高い品質の製品を作るために、行うべきこと」。これがきちんと守られている会社なのです。

 

寧薬化学工業は受託製造にも対応していて、充実した製造設備と技術を活かして他社ブランドの医薬品の製造もしています。と同時に、特徴のある医薬品を提供できるよう、自社での商品開発・製造技術研究にも力を入れています。

 

製品を自社開発すれば、原料調達から調剤まで、GMPに則った確かな品質管理を徹底して医薬品を製造することができますよね。この徹底した品質管理のもとで自社開発された製品の中には、漢方からビタミン剤、せっけんや歯磨き粉まで、さまざまなものがあります。

 

【GMP品質基準をクリア!寧薬化学が製造する「キミエホワイトプラス」】

 

寧薬科学工業では、お薬だけでなく「健康」と「美」をターゲットとした商品の開発にも力を入れています。例えば「キミエホワイトプラス」は、医薬品開発で培ったノウハウを活かして、サプリメントとしてではなく、薬(第三種医薬品)として製造されています。

 

つまり、美白成分を補うようなサポート効果にとどまるのではなく、しみやそばかすを「治す」ことを意識して医薬品として製造されているんです。

 

それに、ビタミン剤やサプリメントは、毎日飲むものだから品質も気になりませんか?「キミエホワイトプラス」もやはり毎日口にするものですから、安心して飲みたいですよね。この「キミエホワイトプラス」は寧薬化学が製造元ですから、前述のGMP基準をクリアしています!

 

品質管理基準の徹底された老舗の医薬品メーカーが製造元の「キミエホワイトプラス」。気になるしみ・そばかすを治したいと思っているなら、試してみてはいかがでしょうか?

 

>>キミエホワイトの詳細はこちら

関連ページ

ドラッグストアや薬局でも買える?
キミエホワイトは、薬局やドラッグストアで店頭販売しているのでしょうか?キミエホワイトの販売店を調査してお届けしてまいります。
キミエホワイトと他社の市販品との違い
キミエホワイトと、店頭販売している他社の市販品との違いを解説します。他の市販品と異なる、キミエホワイトならではの特徴・効果とは・・・?
キミエホワイトプラスはお試し価格で買える?【キャンペーン情報】
シミソバカスに効果を発揮するキミエホワイトプラス!オトクに買えるお試しキャンペーン等はある?キミエホワイトプラスのキャンペーン期間やお試し価格のお値段を調査しました。
キミエホワイトプラスはヤフオクで買っても大丈夫?【心配性の方へ】
「キミエホワイトプラス」をヤフオクで買うのはちょっと待って!ヤフオクで買わない方がいい理由を解説します!